そう、幸せは目の前にあります

ユーコンに本格的な冬が訪れました。-42度。1分も外にでると肺に痛みを感じます。顔の皮膚が凍ってしまうようです。そんな日にみる外の風景といえば、いつもとは違います。霧が発生し、ダイヤモンドダストの輝き。太陽の周りを虹のように囲むサンドック。
どこか幻想の世界に入り込んでしまったようにさえ感じるのです。

山に差し込むオレンジの夕焼けに、ため息をつきます。厳しい大自然からの贈り物なのでしょうか?

週末は車が寒さで動かなくなり、ずっと家ですごしました。まだまだつたない編み物をのんびりしながら、そとの景色と静寂を楽しみます。それにおいしいコーヒー。

久しぶりに穏やかで平穏な時をすごしています。知人からのいろいろな出来事を聞きました。びっくりすること、うれしいこと、悲しいこと。人それぞれ違ったドラマをもっています。そして、今の自分は??うん、そう悪くない。冬のせいもありますが、以前よりも”静”の時間を楽しんでいます。

そういうゆっくりした時間を持った時、ささいなことがハッピーに感じます。

例えば、子供達から、何気なくハグをもらったとき。お店で目のあった見知らぬ人ににこっとされた時。おいしいコーヒーをすすりながら、お気に入りの音楽を聞いている時。外に出た時に吸い込む外気の新鮮さを感じた時。森の散歩で動物の足跡を見つけた時。満天の星空を眺めた時。私の友人にいいことがあったとき。新しい姪を持ったこと。

そう、幸せは、d0015936_16301868.jpg私のすぐ目の前にあります。
[PR]
# by caribou_stew | 2006-11-29 16:32 | HAPPY!

Mt Decoli にて

d0015936_13593420.jpg
d0015936_1404723.jpg

[PR]
# by caribou_stew | 2006-10-06 14:02 | フォト!Photo!ふぉと!

Natasha Nettleton

彼女とあったのは約1年前。友人を介してしりあいました。くったくのない明るさ、無邪気な性格、そして人の話を親身に聞く態度。何よりも彼女は以前、2年間日本で英語の先生をしていました。日本と日本語に今でも興味があるせいか、彼女と話しだすと、まわりの人がいるにもかかわらず、まるで私とNatasha2人だけの世界にはいってしまい、いつも後で周りの人たちに少し悪いなあと思うくらいです。

それくらい、彼女は日本のことを良く理解していて、そしてここで時々どれだけ私が孤独に感じるのか、おそらく一番そのことを理解してくれる人だと思います。彼女も日本できっと似た体験をしたからに違いありません。

日本にいるときに、Godが私に言ったの。歌を歌うべきだって。彼女の美しい声。美しいピアノの音色は友人であることを抜きにしても、すばらしいものです。そんな彼女が先日デビューコンサートを開きました。長い道のり。CD作り。プロモーションなど沢山の時間を費やしていました。

先日コンサート会場に私の世話をしている子供達をつれてでかけました。子供達はコンサートは始めての体験です。夜10時をすぎてしまったため、途中で帰らざるをえませんでしたが、子供達も彼女の歌を気に入ったようです。”リカ、きっと彼女は有名になるよ” ”きれいな声だね”
子供達に彼女のCDをコピーしてプレゼントしました。

Natashaは大きな会場でも緊張をみせずに、人を笑わせる余裕さえあります。弟にささげた歌は格別に美しい歌でした。思わず涙がでるほどです。

1曲は歌の中に日本語を含んだものもありました。

地元の新聞でも彼女のデビューを大きくとりあげてます。

彼女はいいます。いつでも本当の事を歌って行きたい。エンターテイメントばかりに偏ってる音楽業界をあざ笑うかのようなコメントも見受けられます。

彼女の歌は純粋で、実直でシンプルで私の胸に響きます。

彼女のHP良かったら訪れてみてください。

http://www.natashanettleton.com/index.html
[PR]
# by caribou_stew | 2006-10-03 11:48 | 聴く、奏でる

夏! Hiking、Growing Plants

d0015936_1455977.jpg
d0015936_1475049.jpg

[PR]
# by caribou_stew | 2006-09-21 01:49 | フォト!Photo!ふぉと!

アドバイス

明日から3泊4日でおよそ55KMのチルクットトレイルにハイキングにでかけます。家族の息子さんのガールフレンドCと昨日、電話でその話をしました。

”リカ、楽しんできてね。そうそう、熊と、もしばったりであっちゃったら....” 
知人を熊のアクシデントでなくした私にとって、熊は私にとってきがかりでした。前よりも熊を恐れている自分がいました。

今回の場所は熊が沢山います。熊スプレーが必要か、熊鈴か必要か、熊から防衛できる方法はそれくらいしかありません。少しナーバスになっていた私にCは話し始めました。

”熊にばったりであっちゃったら、熊にによいエネルギーを送って。心の中でいうの、私は危険じゃありませんって。彼らをリスペクトして、そうすれば、きっと彼らは理解するのよ”

一瞬時がとまりました。人はだいたいスプレーの話や、実際熊にであったらどういう行動をとるのか、そういうところに気をつけたがりますが、彼女は違いました。素晴らしい彼女からの、熊にたいするアドバイスに私は、ほとんど泣きそうでした。同時に、今は熊のアクシデントに対する不安が少しだけ、軽いものになっています。

いよいよ明日から、重い荷物を背負ってのハイキング。少し、楽しみにしていると同時に、いつもとは違う緊張感がうずまいています。
[PR]
# by caribou_stew | 2006-08-05 00:55 | 近況

JF、あなたが逝くのははやすぎる

ハワイから帰ってきた友人Bとお店で偶然会いました。”リカ!”すぐに大きなハグと頬にキスをくれます。ハワイはどうだった?とりとめのない会話の中、彼女の表情がどこか沈んでました。

悪いニュースがあるの...JF(ニックネーム)がクマに襲われて亡くなったの、先週の金曜。知ってる?彼。と聞かれ一瞬頭が真っ白になりました。私も彼を知っています。

ブルーの瞳に長い髪の三つ編み。穏やかなくったくのない笑顔が印象的な彼でした。映画関係の仕事をしていて、過去にはカンヌにも出向いたようです。28歳でした。数年前からユーコンが好きで、電気も水道もないキャビンで楽しい生活をおくっていたようです。

事故はマイニングの測量の仕事の最中、森の中であやまってクマの巣の近くに入り込んでしまいました。母親クマが子クマを守るために彼を襲いました。クマはここはいたるところに存在します。ただクマの巣を見極めることは難しいのではないのではと推測されます。

独特な空気をもっていました。ヒッピーを思わせるような彼のいでたちは、人々の中にいると、ひときわ目立ちます。いつも違う女性と一緒にいたのも印象的だったなあ、そういえば...

彼とはドーソン、バー、キャンプ場といたるところで偶然にも顔をあわせました。明日からマッシュルームピッキングに行くけど、行かない?と誘われたのを、今でも覚えています。たまたま用事がはいっていたので、そのとき断りましたが、今思えば、あの時一緒に行っておけばよかったなあ、と後悔です。

そしたら、彼ともっといろんな話ができたのかもしれない。彼もサポートワーカーのような仕事をしてみたいということを、友人を通して聞いていたので、きっといろいろ共通点があったに違いない。どう思っても後の祭り。彼はもういません。

彼がどんな人なのかまでは知らないのに、なぜかすごく悲しい。こんな立場の私がそう思うのですから、きっと彼は魅力的な人間だったに違いありません。

ピーターと話したとき、病院などで寝たきりで死んでしまうよりは、良い逝き方だったんじゃないかと。それがせめてもの救いの考えです。

土曜日はフレンチアソシエーションで(彼はフレンチカナディアンです)でメモリアルパーティーが行われます。時間がとれたら私も行く予定です。

JF。安らかに眠ってください。でも逝ってしまうのは、まだ、あまりにもはやすぎた。
[PR]
# by caribou_stew | 2006-05-05 13:28 | 近況

去年の思い出

d0015936_13125958.jpg

d0015936_13132014.jpg

[PR]
# by caribou_stew | 2006-04-17 13:15 | フォト!Photo!ふぉと!

Beautuful People

昨年キャンプ場でしりあった、カップルがいます。JとA。Jはカーペンターのしごと、Aはコミュニティナースです。Jは若いのにとってもしっかりして、男っぽく、そして会うといつでも大きな体で私を持ち上げて大きなハグをくれます。Aは数回しか会ったことがないにもかかわらず、あったとたんに、すぐに近く感じる友人になりました。そういう時、言葉の壁はミジンも感じません。そういうことを感じさせない彼女の私へのおもいやり、そして、人とのコミュニケーションは言葉だけじゃないことを実感するのです。

ホワイトホースを離れる最後の夜、Aが私に電話をくれ、夜に会いにいきました。Aと語ること。先住民のコミュニティのこと、コミュニティナースについて、ガーデニングについてなどなど、話がつきません。家にムースミートがあったので、よし、これをベイクしよう!と突然思い立ったように料理を始めます。楽しい夜。ビールを飲んでほろ酔い気分でAと話します。

Jともう一人の友人Cが戻ってきました。おいおい、こんな時間に料理してるのかい?夜中の12時をまわっていました。確かにちょっとおかしいですよね。そういいながらも彼らは私たちのベイクしたムースミートを味わっていました。

ほろ酔い気分で、音楽がいい。Aと踊りだします。

そんな風にすごした夜は私のいい思い出の一つです。

Aは7月にここに戻ってきます。Jは1年間南米の旅をつづけるようです。彼らの旅行記を読むのが私の今の楽しみの一つでもあるのです。
[PR]
# by caribou_stew | 2006-03-25 16:08 | HAPPY!

2月25日、快晴なり!

ここのところ、快晴がつづいているユーコンです。今週末はユーコンランデブーというお祭りがあって、街は人でおおにぎわい。そして、私と一緒にすんでる、娘さんの誕生日ということもあり、せわしなくすごしました。

誕生日のお祝いの設定は、私の仕事です。彼女は中華が好きなので、数品の中華料理をつくり、子供達に、姉である彼女のプレゼントを買わせるために、街に行き、てんわやんわでした。誕生プレゼントをみて喜ぶ彼女の顔をみたら、そんな忙しさも、なんてことなく感じられます。子供達との距離がだんだん縮まるのを感じるこのごろです。次第に私のほうも、もっと彼らと一緒に過ごしたくなってきました。

土曜日は通常休みをとって、友人とあうことが多いのですが、今日は彼らと1日すごし。ランデブーのお祭りを見にいって、そのあとホットスプリングへ行きました。-20度近い、広い青空の下で暖かい温泉につかるのは、なんとも私を幸福な気分にさせてくれます。その後、ここのレストランはなかなか食べ物がおいしいので、夕食をとることに決めました。

家へ帰る途中の道は夕焼け空。そして、四方が山に囲まれています。山、山、山。それをみるたびに、喜びと感動を感じます。そんな場所にいることができる自分は幸せを感じるのです。
[PR]
# by caribou_stew | 2006-02-26 15:29 | HAPPY!

ささやかながら、うれしかったこと

年末からプライベートの方でかなり、いろいろあって、精神的にもアップダウンが激しい毎日でした。それに加えユーコンの夜は長くて、時たま気持ちがめいってしまいがちなのも事実です。寒くて暗い場所では、自分がなにかしないと、気分がふさぎがちになってしまいます。

ナニーとして子供達の面倒を見ている私ですが、ついさっき、8歳のBが私に言ってきました。宿題のファイルのチェックした人のイニシャルのところに、君の名前間違えて書きそうになっちゃったよ。(彼の宿題は私がチェックしてるのです)

私のイニシャルはR.Tですが、彼はR.Sと書きそうになっちゃったんだそうです。Sというのはこの家族のラストネーム。”リカが僕らの家族になってくれればいいのになあ、僕リカのこと好きだから”さりげないそんな言葉が私を元気づけてくれます。そして、この子達のために今以上に、仕事に集中する時なんだな、くよくよしてられないぞ!という思いに彼らはさせてくれました。

夏にはキャンプ、2ヘクタールの広い土地の家にガーデニングを作って、暑かったら彼らを湖に泳ぎに連れて行こう。夏が待ち遠しい私でした。
[PR]
# by caribou_stew | 2006-02-15 12:45 | HAPPY!